[回答]デザインをブレさせない色の決め方


こんばんは!
ママWEBデザイナーの起業専門
コンサルタントみなです^^

まずは、課題として出しました
コンサル受講生さんが作られた
アメブロヘッダーをもう1度
ご確認ください。

before_takeda
※受講生ご本人とクライアントさんの
 許可を頂いて掲載しております。

前回の記事はこちら↓
あなたにデザイン力UPの課題を出します

前回の記事では
上記バナーデザインについて

・感じたこと
・持った印象
・何がまず目に入ったか
・誰向けのサービスと思われたか

などなど、
是非メールにて教えてくださいね
とお願いしたところ

沢山の方からメッセージを
いただきました!

この場を借りて 御礼申し上げますm(_ _)m ありがとうございます!

ではでは、ご紹介していきますね^^

◆感じたこと・持った印象について…
 ・ゴージャスな感じ
 ・結婚相談所?
 ・お金に関するもの
 ・明るいイメージ
 ・キラキラした未来
 ・心理的なサービス?

◆何が目に入ったか
 ・左右の画像
 ・「女神」と「恋愛」の文字

◆誰向けのサービス?
 ・40~50歳の人向け
 ・お金に関するカウンセラー
 ・恋愛に悩んでいる独身女性向け

◆その他感じたこと
 ・「女神」と「恋愛」以外の
  情報が伝わりにくい
 ・よく読むと「アダルトチルドレン」
  と書いていたんですね!
 ・やさしそうな感じ

こんな印象を持たれたそうです。

特にご意見多かったのは、
・「女神」と「恋愛」のインパクトが
 大きかった
・ゴージャスな・キラキラした感じ
の、2点。

では、クライアントさんは
どのような印象が伝わることを
希望されていたのかというと…

愛が溢れる感じ
やさしさ
癒し
女神性

が、伝わってほしいという
ご要望でした。

クライアントさんが要望されることと
デザインのすり合わせを行ってみて
あなたは、上のデザインが

合っていると思いますか?
合っていないと思いますか?

デザインに「正解」はありません。

ですが、「正解」に
近づけることはできます。

「正解に近づける」とは、つまり
ターゲットとする人に
要望に近い印象を伝わるようにする
ことですね。

今日はベースカラーについて
お話したいと思います^^

メールで頂きましたご意見にも
ありました通り
受講生さんが制作したデザインは

恋愛に関わるもの

もしくは

お金に関するもの

と、2種類の受け止め方をされました。

その印象付けに分かれた理由は

恋愛に関わるもの…
・「恋愛」というワードが入っている
・アダルトチルドレンという文字が
 あった

→デザインとは別に、ある程度
 テキスト情報を読んだうえでの判断

お金に関わるもの…
・ゴールド感が強かったから
・キラキラしていたから

→視覚的なインパクトからの判断

という風に、分かれます。

私があなたに課題を出した際

「このデザインについて
 どう思われますか?」

という出し方をしましたので

「どう見えるかな?」
「どう感じるかな?」

という視点から見られたと思いますが

本当にこういう情報を探している人や
なんとなくたどり着いた方は、まず

テキスト情報を読んだうえで
判断するか?

それとも、視覚的なインパクトで
判断するか?

どちらだと思いますか?

それは、
そのサイトに訪問した人が
どういう訪問の仕方をした人か

によって、異なります。

例えば、
検索してたどり着いた人であれば
ヘッダーの視覚的インパクトが
例え異なっていたとしても
テキスト情報を読むでしょう。

しかし、「恋愛レッスン」と
うたっているにも関わらず
ゴールド感が強くキラキラした印象
→愛溢れるイメージではない

ので、離脱してしまうか、
もしくは、クライアントさんにとって
来てほしい見込み客ではない人を
お客様として得てしまう可能性が
出てきます。

また、例えば
facebookなどSNSから、
なんとなくたどり着いた方であれば
視覚的インパクトを優先して判断し
お金に関するサービスかな?
と思われてしまいます。

けれど、よく読むと、
そうではないようだ…
 →離脱

となってしまう可能性が
高くなるんですね。

ここで重要なのは
キャッチコピーに書かれていることと
クライアントさんの要望を
すり合わせたカラーを使う!

ということです。

クライアントさんは
「愛が溢れる感じ」が
伝わったらいいなと考えています。

キャッチコピーやブログタイトルにも
書かれている通り
「恋愛レッスン」
ですからね^^

「恋愛」と聞くと、あなたは、
どんな色をイメージしますか?

多くの方は
「赤」「ピンク」
を、イメージすると思います。

これは、世に溢れている
「恋愛」をイメージする際に
用いられる色が、
「赤」や「ピンク」だから

という理由もありますが、
色学的に言うと、ピンクは
子宮内壁の色であり
お母さんのおなかの中にいた時の
安心感に繋がりやすい
とされているそうです。

お母さんというと
子どもに対する無償の愛…
にもなります^^

 ※余談ですが、
 アメリカの刑務所では
 気の荒い囚人たちを鎮めるために
 壁をピンクにしたところ
 一様におとなしくなった…
 という実例もあるそうです!

赤で恋愛…というと
情熱的、炎のような、攻撃的…
というワードがイメージされますが

ピンクで恋愛…ですと
包容力、やわらかい、やさしい、
包み込むような…
というようなワードが
イメージされますので

「恋愛」「レッスン」
「カウンセラー」
というキーワードが入った際、
一番その言葉を表現しやすい色は
「ピンク」ということになりますね。

ベースカラーをキャッチコピーや
クライアントさんの要望に
揃えるだけでも
クライアントさんの満足度は
充分高まります。

かつ、デザインの方向性が
ブレにくくなるので、
その後も細かいデザインを
しやすくなるんですね。

今日はベースカラーについて
お届けしました。

次回は

キャッチコピーをより
魅力的に伝える方法

について、
お届けしたいと思います!

ママWebデザイナーみなでした^^


フリーランスのママWEBデザイナー必見!

月収20万円を安定させるメール講座7ステップ

  • 単価が2倍になった!
  • デザインや知識に自信がついた!
  • 企業所属経験ゼロでもできた!

実践で使えるヒアリングシートプレゼント中!

  • 知らないと怖い!デザインばかり
    勉強しているデザイナーの結末
  • 売れるWEBデザイナーに
    “最も必要なスキル”とは!?
  • 受注できるサイト制作法!
    5割は“コレ”で決まる!
  • WEBデザイナー専用!
    WEBからはじめてのお客様獲得術
  • SEO=集客力!?本当は…
  • 単価UP!
    ママWEBデザイナーの価格設定法
  • 制作した後に○○すると
    リピーター獲得できる!?