2000万円を売り上げたLPのヒアリング法


こんばんは!
ママWebデザイナーの
自立&単価UPをサポートする
コンサルタント、みなです^^

今日はママWebデザイナーさんへの
コンサルを2本、行っていました!

そこで、続々と嬉しいご報告が…♪

ノウハウもお届けしたいので
その中の1つを紹介させてください^^


フリーランスWebデザイナー Yさん

みなさん、ご報告が!

先日、売上5倍になったお客さんから
TOPページのヘッダー画像について

「有名サイトみたいに
 3つの商品を横並びにして
 真ん中にロゴを置いただけの
 デザインにしたいんです」

と相談されたんです。

折角売り上げが上がってきたのに
そんな修正しちゃったら
ベネフィットが伝わり切れない
売れないデザインになってしまう…!
という感じの修正依頼です。

今までは「え~…」と思っても
説得することができず、
言われるがままに
修正していたのですが…

クライアントさんに
先日教えてもらった質問を
そのまましてみた
ところ

「(しばらく考えられ)
 …やっぱりやめます…」

と言われ、止めることができたんです!

質問するだけで、クライアントさんを
説得することができるんですね!


そうなんです~~!!ヽ(*´∀`)丿

私たちが一番もやもやすること。

それは、

売れないと分かっている
修正対応
をしてしまうこと

です。

ひじょーーーにもやもやしますw

結果が分かっているのに
それをどう伝えていいか分からない。

伝えたとしても
正面衝突してしまう><

クライアントさんが
聞いてくれない…!!ヽ(;´Д`)丿

そんなことは、多々あります。

ええ、多々。

でも、とある質問をするだけで
クライアントさんが自分で考え
自分でちゃんとした答えを出し

納得して、話を聞いてもらうことが
できるようになりますw

どんな質問をしたのか…

それは、また次の機会に
お届けすることにしますので
楽しみにしていてくださいw

ただ。

今日お届けする

2000万円を売り上げた
LPのヒアリング法

にも実は繋がりますし、
そのヒミツが隠れていますので

是非、自分事に置き換えて
イメージしながら
読んでみてくださいね^^

2000万円の売上に貢献したLP制作のヒミツ

ということで、今回は

LP制作におけるヒアリング法

について、お届けします^^

前回のメルマガでは

クライアントさんよりも詳しく
クライアントさんのビジネスについて
言えるようになっていることがベスト

ということを、お伝えしました。

では、具体的に

何をどのように聞いて
どうやって掘り下げたら
そこまで分かるようになるの?

ということなんですが…

ズバリ。

5W1Hで聞き返す

これだけなんです…!!

でも、これだけと言っても
それで誰でもすぐ聞けたら
ヒアリングに困るWebデザイナーは
いないわけで…w

もう少し詳しく解説しますね^^

5W1Hとは…

いつ(When)
どこで(Where)
だれが(Who)
なにを(What)
なぜ(Why)
どのように(How)

です。

これを、クライアントさんが
お話した内容に当てはめて聞き返す
ということをしています。

例えば…

「私のサービスは
 45歳以上の女性起業家さん向けに
 少ない集客だけで
 月収100万円になる方法を
 教えています」

とクライアントさんがおっしゃったら、

なぜ、お客さんにとって
 そのサービスが必要なのですか?」

と聞き返すと、
既存のお客様が
そのサービスを選んだ理由や、
選ぶに至った時の悩みを
クライアントさんが回答として
返してくれます。

どのようにして、少ない集客だけで
 月収100万円になれるのですか?」

と聞くと、
クライアントさんのサービスの本質や
お客様が実際のところ気づいていない、
悩みの根っこが
見えてくるようになります。

どんな時、お客さんは
 そのサービスを求めるように
 なるのですか?」

と聞けば、お客様の共感ポイントを
知ることができるようになるんですね^^

ちなみにこの
“どんな時、お客さんは
そのサービスを求めるように
なるか?” という問いで、よく
共感ポイントとして使われるのは
サラリーマン向け商材ですw

サザエさん症候群
(日曜の18時になると憂鬱になる)や、
朝起きたとき、
満員電車に乗っているとき
気分が落ちやすい等ですねw

他にも

なぜ、少ない集客が良いんですか?」

どういう場所でお仕事されている方が
 多いのですか?」
 ⇒自宅?シェアスペース?事務所?

「45歳以上の女性起業家さんなら
 誰でもですか?」

などなど、
クライアントさんに1つ
お話してもらえるだけでも
質問することは沢山あります。

これらを、
自分自身に落とし込んで
自分のビジネスのように理解して
話せるレベルになるまで質問する

そして、
クライアントさんへは
確認も含めて

クライアントさんがそれまで
話したことを要約して返す。

そうすると

クライアントさんとのすれ違いが減り
 ↓
クライアントさんの満足度も上がり
 ↓
クライアントさんのビジネスを
より深く理解できるようになるので
 ↓
どう伝えれば魅力的になるか?
ということが考えられるようになる。

ということなんですね!

このヒアリング方法は、現在でも
私自身が行っている
ヒアリングの基本です。

このように詳しく掘り下げながら
聞き返し、

最後に要約して返す

ということをしているので、

「みなさんにヒアリングしてもらうと
 凄く自分のビジネスが明確になる!」

と喜んで頂けるのですね^^

まぁ、私自身
そこまで理解できないと
とてもクライアントさんのビジネスの
ライティング代行はできません。

「何を書けばいいやらサッパリ…」
になってしまいますから…(;´Д`)ヾ

あなたも是非
実践してみてくださいね!^^

次回は、
ヒアリングして揃えた材料を元に
どのようにライティングを
構成したら良いか?

脱テンプレで差別化するライティング構成

について、お届けしますね!


前の記事:

次の記事:

フリーランスのママWEBデザイナー必見!

月収20万円を安定させるメール講座7ステップ

  • 単価が2倍になった!
  • デザインや知識に自信がついた!
  • 企業所属経験ゼロでもできた!

実践で使えるヒアリングシートプレゼント中!

  • 知らないと怖い!デザインばかり
    勉強しているデザイナーの結末
  • 売れるWEBデザイナーに
    “最も必要なスキル”とは!?
  • 受注できるサイト制作法!
    5割は“コレ”で決まる!
  • WEBデザイナー専用!
    WEBからはじめてのお客様獲得術
  • SEO=集客力!?本当は…
  • 単価UP!
    ママWEBデザイナーの価格設定法
  • 制作した後に○○すると
    リピーター獲得できる!?