キーワードの選定方法


こんばんは! ママWEBデザイナーの起業専門 コンサルタントみなです^^ 今日は長男くんの学校に PTA役員の仕事の為 行っていたのですが 終わって自宅に着いてすぐ 学校から電話が…! 長男くんが38.3度の発熱とのこと。 次男くんに急いで昼食を食べさせ また学校にとんぼ返り状態(;´Д`)ヾ でも、 こどもが発熱した PTA役員になってしまった というのにも、臨機応変に対処できる そこが在宅ワーク・おうち起業の 1番良いところなんじゃないかなと 実感しております(*´ω`*) * * * * * * * * * * * * * * * * さて。 お待たせしました?! 本日は、前回書きました クライアントへ提案出来る3つのコツ の続きとなります キーワードの選定方法 について、書きたいと思います~! これがなぜ必要なのか? ということは、前回の記事を 読んでくださいね! Googleアカウントは 取得されましたか? では、早速やり方です! 【1】キーワードプランナーに アクセス! 検索窓に「キーワードプランナー」 と入力すると、1番上(広告の下)に "Google AdWords キーワードプランナー" と表示されますので、 そちらをクリックするか リンクを貼っておきましたので 上記クリックでいけます。 そして、「ログイン」しましょう! こんな画面↓になるかと思います。 keywordplanner_01 もしこの画面になってない場合は 画面上の方にある 運用ツール>キーワードプランナー を選ぶと、同じ画面になります。 keywordplanner_02 【2】新しいキーワードを見つける フレーズ、ウェブサイト、カテゴリを 使用して新しいキーワードを検索 を選びます。 keywordplanner_03 一番上の 「1つ以上の項目を指定してください」 に、商品やサービスのキーワードを 入力してください。 keywordplanner_04 今回は、 「整体」 と入力してみました。 ここに入力するものは、 ある程度具体的なモノが良いです。 「野菜」よりは「かぼちゃ」 「ダイエット」よりは 「ヨガダイエット」や 「酵素ダイエット」などなど 入力しましたら 「候補を取得」 という青いボタンを押しましょう! 【3】キーワード候補 すると、何やらグラフが 表示されます。 キーワードや月間平均検索ボリューム などが表示された画面になります。 最初に表示されているのは 「広告グループ候補」 という画面ですので 「キーワード候補」 というタブに切り替えます。 画面中央あたりに あるかと思います。 keywordplanner_05 切り替えましたら 「ダウンロード」 で、データを ダウンロードしましょう! keywordplanner_06 【4】Excelで保存 「Excel用 CSV」 を選択して、 「ダウンロード」 keywordplanner_07 ダウンロードしましたら 保存したファイルを開いてください。 こんな感じのが↓ 表示されると思います。↓ keywordplanner_08 【5】要らない部分を削除して並べ替え A列 Adgroup C列 Currency E列以降 Competition を削除してください。 keywordplanner_09 それから、Excelの データ>並べ替え keywordplanner_10 から、 最優先されるキー:Avg. Monthly Searches (exact match only) 並べ替えのキー:値 順序:降順 keywordplanner_11 を選んで「OK」を押すと keywordplanner_12 こんな感じで 月間平均検索ボリュームが 多い順になります。 ちなみに、 月間平均検索ボリュームとは そのキーワードが月間でどれくらい 検索されているか という数ですね! この数が多ければ多いほど そのキーワードについて 調べている人が沢山いる ということになります。 【6】関係のないキーワードを削除 ここから少し時間のかかっていく 作業になってしまいますが(>_<) データを精査するためにも 欠かせないところなので 頑張ってやりましょう☆ まず、関係のないキーワードを 削除していきます。 「整体」でダウンロードした データの中ですと 「マッサージ」 「按摩」 「気功」 「針灸」 などなど… ざっくり整えると こんな感じになります↓ keywordplanner_13 見てみると
  1. 肩こり
  2. 骨盤矯正
  3. 整体
  4. ヘッドスパ
  5. 骨盤
という感じに出てきます。 【7】パッと見ただけで何屋さんか ハッキリ分かる命名に! これまでで出してきた キーワードを使って クライアントさんがパッと見 何屋さんであるかが分かるように しましょう! ただの整体だよ~ とは言われましたが(笑) サロンの特徴や お客様からの声として多いものなどで ・肩こりに有効なメニューがある ・ヘッドスパで使用している○○が 他ではあまり扱ってないもの ・1回の施術で姿勢が全然変わる! などなどありましたら それらを盛り込んだ店舗名だったり コースメニュー名だったりにすると 見出しタグ<h1>や<h2>などで 囲むことが出来たり それについて、詳細な本文を 書くことが出来たりする。 さらに、 リアル店舗をお持ちのサロンなら 地域名もプラスしてあげると 良いですね! そうすると、検索数が多い キーワードが盛り込まれた 店舗名・メニュー名になるので、 検索にひっかかりやすくなる。 結果、SEO対策にとても効果的! ということになるんですね^^ 以上! キーワードの選定方法でした!

フリーランスのママWEBデザイナー必見!

月収20万円を安定させるメール講座7ステップ

  • 単価が2倍になった!
  • デザインや知識に自信がついた!
  • 企業所属経験ゼロでもできた!

実践で使えるヒアリングシートプレゼント中!

  • 知らないと怖い!デザインばかり
    勉強しているデザイナーの結末
  • 売れるWEBデザイナーに
    “最も必要なスキル”とは!?
  • 受注できるサイト制作法!
    5割は“コレ”で決まる!
  • WEBデザイナー専用!
    WEBからはじめてのお客様獲得術
  • SEO=集客力!?本当は…
  • 単価UP!
    ママWEBデザイナーの価格設定法
  • 制作した後に○○すると
    リピーター獲得できる!?