クリックさせるタイトル3つのポイント


こんばんは!
ママWEBデザイナーの起業を
応援するトレーナーみなです^^

しばらく更新が止まっていましたね…
申し訳ないです(>_<)

ここ最近、制作案件を立て続けに
ご依頼頂いておりましたので
メルマガもブログも
なかなか配信できずにいました…

新年早々、掲げた抱負に
挫折しかけております…orz

いやいや!
2016年内に…
できれば、
保育園が決まるかもしれない
4月中には…!!

週2日配信を安定していけるように
したいなと思っております…!

…とか言い訳してみる…(苦笑)

そんな感じでゆるぅ~く
目標達成に向けて頑張ります(;´Д`)ヾ

そうそう。
制作しました案件は
Facebookにも順次投稿していって
おります
ので、ご興味がありましたら
気軽に友達申請を送ってくださいね^^

※「全体公開」にしていますので
 友達申請して頂かなくても
 閲覧は可能です!

ではでは、本題に…!!

間空いてしまいましたが(;´Д`)ヾ
引き続き

フリーランスWEBデザイナーにとって
必須なスキル

提案力

を身につける方法として

WEBマーケティングの全体像を学ぶ

というところにスポットを当てて
9ステップに分けてお届けしている

【2】クリックさせるキャッチコピー

~~~~~~~~~~~~~~~

クリックさせるタイトル 3つのポイント

~~~~~~~~~~~~~~~

について、お届けしたいと思います!

SEO対策として
見出しやマークアップを
気にするのがWEBデザイナーですが

そもそも、それらを活かした

クリックしたくなるような
気になるタイトルづくり

が出来なければ
お客様には
見ていただけないですね?

見ていただけない

ということは、

アクセス数も上がらず
やはり、

検索結果順位に影響を
及ぼしてしまう原因の一つ

になり兼ねなくなってしまいますし、

クライアントさんがターゲットとする
お客様に届かない

イコール

結果の出ないWEBサイト

になってしまいます。(>_<)

あなたが様々なサイトを検索し
一覧表示された中から

「クリックする」

という行動を起こす要因は
どこでしょう?

・そう!それが知りたかった!
・それがほしいと思った!
・ズバリ、私のことだわ~!!

と感じた見出しのものを
クリックしていませんか?

ちなみに、ある日の私の
Google検索画面です。

 ↓ ↓ ↓

151118

この時は
・Wordpressで
・特定のカテゴリーにのみ
・メールでブログ投稿できる

機能について調べていたのですが
どう見ても

「検索結果2番目」は、

私が希望しているものではないな

と感じたので
クリックしていません。

このように

必要と感じている人へ
ダイレクトに届けられる
WEBサイト制作


でなければ
WEBサイトを閲覧してもらうことすら
叶わなくなってしまいますので

いかに必要としているお客様へ
クリックしてもらえる
キャッチコピーやタイトルにする
必要があるか


ということが、最重要事項と
なってきます。

じゃぁ、そんなタイトル
どうやって作るの?

ということですが、
ポイントは3つ!!

1)要約すること
2)30文字以内に収めること
3)具体的なキーワードを入れる

です!

1)要約すること

伝えたい事が沢山ありすぎて
それらを全部
WEBサイトタイトルやページタイトルに
盛り込むわけには、いきませんね?

だらだらしたタイトルは
結局、何を伝えたいのかが
分からなくなってしまいます(>_<)

いかに短い文章でも
同じように伝えられるようにするか

同じ意味合いの言葉で
もっと要約できないか

ということを考えるのが
まず1つ目のポイントです^^

2)30文字以内に収めること

今やSNSなどの連携が
当たり前になっています。

Facebookにシェアしたり
LINEで共有するアイコンも
一般的になってきました。

そういったSNSを利用する際にも

「何を提供してくれるサイトであるか」

が分かるキャッチコピーや
サイトタイトルは重要ですが
できるだけ

30文字以内に収めましょう!

SNSを利用することを考えた場合
32文字以内であれば
省略されることなく表示されますが

現在のGoogleの検索結果に
表示されるタイトルの文字数は

30文字未満

です。

30文字以上になると「…」が付けられ
途中で省略して表示されてしまいます。

コントロールできる文字数として
30文字以内で伝わるタイトルを
つけることが出来れば

理想的な結果が得られるように
なりますね^^

3)具体的なキーワードを入れる

タイトルですから、もちろん
マークアップ上では
タグで括られます。

それに基づいたコンテンツを
タグで括って作成していく
わけですから

メインとなるキーワード(単語)は
必ず入れておいた方が良いですね!

その際は、

ビッグキーワード
(例:洗濯機 / ダイエットなど)

ではなく、

スモールキーワード
(例:洗濯機の型番 / 内腿 ダイエット)

を入れた方が
より求めている人に
見つけてもらいやすくなります^^

クリックされやすいタイトルの
良い例として

Yahooのトップページ

が挙げられます。

Yahooのトップページ上部に
表示されているニュースタイトルは

13文字以内

にまとめられているんです。

でも、
どういった記事が書いてあるのか
なんとなく分かりますね?

ここまで要約するのは
大変なスキルが
求められてしまいますが

参考にするには
とても良いのです!^^

ちなみに、
私の有料クライアントさんにも
この指導はお伝えしています☆

今回は、かなり有料コンサル級な
情報をお伝えしてしまいました( *´艸`)

あんまり出し過ぎると
有料クライアントさんに
怒られてしまうので…(;´Д`)ヾ

今回はこの辺で☆

ママWEBデザイナーみなでした♪


フリーランスのママWEBデザイナー必見!

月収20万円を安定させるメール講座7ステップ

  • 単価が2倍になった!
  • デザインや知識に自信がついた!
  • 企業所属経験ゼロでもできた!

実践で使えるヒアリングシートプレゼント中!

  • 知らないと怖い!デザインばかり
    勉強しているデザイナーの結末
  • 売れるWEBデザイナーに
    “最も必要なスキル”とは!?
  • 受注できるサイト制作法!
    5割は“コレ”で決まる!
  • WEBデザイナー専用!
    WEBからはじめてのお客様獲得術
  • SEO=集客力!?本当は…
  • 単価UP!
    ママWEBデザイナーの価格設定法
  • 制作した後に○○すると
    リピーター獲得できる!?